会社沿革

会社沿革
1960年 : 創業者の陳朝枝が黃定木と『源盛電機工業有限公司』を共同創立し、熱処理炉の製造に従事。1970年:
               源盛から分離し、 【鑫泰行社】を創立、自動制御事業を始めました。これが現在 の「AVEX-SG」
               の前身です。
 
1974年:別会社として新たに【鑫達企業有限公司】を設立、電気部品の販売を主とした業務を開始し、陳培鑫
               が引き継ぎました。
 
1989年:3月に陳培鑫は【鑫達企業有限公司】の経営から退き、陳金柏が引き継ぎ、7月に創業者陳朝枝の逝去。
               1989年3月から 現代表取締役陳金柏の主導でSintek Group関係企業の再編に取り組みました。
 
1990年:陳金柏が「鑫泰行」と「鑫達企業」をそれぞれ【靄威行有限公司】(Avex Automation Inc.)と
             【鑫達楙業有限公司】 (Sintek Trading Co.,Ltd.)へ再編し、「Avex Automation Inc.」が自動制御
              を主とした業務に、「Sintek Trading Co.,Ltd.」 が輸入貿易の代理店に発展しました。
 
1992年:「Sintek Trading Co.,Ltd.」はAzbil(旧名:Yamatake)制御製品の代理販売を開始しました。
 
1992年~2000年:「Sintek Trading Co.,Ltd.」はTOSOKU、Eaton(旧名:Moeller) 等の製品輸入、代理販売
                              業務を開始。制御機器の 垂直統合を目指し、「Jereed Industrial Corp.」、「Sergeant Corp.」
                         、「Bescool echatronics Inc.」等の事業体を次々と投資、設立し、空圧、油圧とPCB基板等の事業
                          にも展開しました。「Avex Automation Inc.」はCNC工作機械強電盤の生産を開始しました。
 
2001年:2月に【鑫達楙業有限公司】(Sintek Trading Co.,Ltd.)を【鑫達懋業有限公司】(Sintek-SG Corp.)に社名
              変更。4月に【靄威行有限公司】(Avex Automation Inc.)を【靄崴科技有限公司】(Avex-SG Technology Inc.)
              に社名変更。同時に台中市三民西路の工場に移転しました。
 
2001-2003年:Avexはシステムエンジニアリング部と技術開発部に分離拡大し、クリーンルーム空調制御、半導体製作
                       過程の廃水処理、ウェハークリーン 設備等新分野での技術を強化。生産部はJITとモジュール化の概念を
                       導入し、製品の統合競争力を強化。【リーン生産方式】 (Lean Manufacturing Program)を目標に邁進し
                       始めました。★更にAVEXは台湾国内で新領域の開拓に成功しました。それらは中華映管
                       (CHUNGHWA PICTURE TUBES,LTD.)、力晶(Powerchip Technology Corporation)12インチウエハー対応新
                       工場、台湾凸版(TOPPAN CFI(TAIWAN) CO.,LTD)等のクリーンルーム空調及びSCADA監視工程案、弘塑
                       (Grand Plastic Technology Corporation)の南亜科技 (Nanya Technology Corporation)12インチウエハー向
                       けの洗浄装置などの設備案件があります。中国では上海に生産基地を積極的に建設し、シリンダー、空圧
                       パーツ及びシステムエンジニアリングやCNC工作機械向け強電盤の生産へ参入しました。

2003年:Sintek-SG Corp.はアメリカRockwellAutomation SSC(Safety、Sensor & Conductivity)商品の代理店
               になりました。 SSC商品というのはセキュリティ商品、光電スイッチ、近接スイッチ及びネットワーク接続
               システムが含まれます。
 
2004年:【Avex-SG Technology Inc.】は三菱電機殿のFPD設備の電気制御システムを請け負いました。現地
                でのソフトウエアのテストと作業が含まれ、 エンドユーザーは群創光電(INNOLUX)T2工場と奇美電子(CMO)
                 第四工場(G5.5)です。
 
2005年:【Avex-SG Technology Inc.】はダイフク殿の電気制御設備の協力メーカーになりました。2006年にさらなる
                躍進を求め、日本HOYA CANDEO OPTRONICS CORPORATION殿がレーザーリペア分野での経験と実績を基に
              、国内でレーザーリペアを共同製造しました。さらにFPD設備事業部を設立し、 FPD設備市場の開拓を積極的に
               開始しました。
 
2006年:台湾工作機械産業M-Team聯盟に加入、TPSを核心とした連盟体系メンバーのリーン改善活動を推進してAVEXの
               品質と生産管理の能力を強化しました。
 
2007年:FPD事業からスピンオフして、新竹に群晟科技(CDT)を設立、LCD及び太陽エネルギー設備の開発と製造を展
               開しました。
 
2008年:リーマンショックにより、既存産業の景気が振るわないので当社は金融危機に影響されない消費性設備の産業を
               見付けて 飛行機タイヤ産業及びタイヤ設備制御 システム領域に参入し米国ロックウェル社殿と協力
               して、グッドイヤー、ピレリ、リナルディ社の、タイヤ成型機の電気制御システム工事を次々と請け負いました。
  •                計画し建設する新工場(台中市精密機械科技園区にある)
               GB7251.1-2005中国CCC低圧配電盤(低圧セットスイッチ設備)の認証を取得しました。
 
2009年に:経済不況の波が続く中で、更に食品自動化設備(例えば食品梱包設備、ラベル装着機及びブローマシンなどの電
                  気制御システム工事に進出しました。
                 ★台中市精密機械科技園区に新工場を設立、5月16日より運営開始。
 
2010年に:AVEXはアプライド マテリアルズ殿(Applied Materials, Inc.)の審査を通過し制御盤製作協力業者になりました
                 。且つ寧茂企業殿と連携協力してインバーター設備向けの動力盤製作を請け負いました。同時に日本United
                  Technology 社殿及びSiti社殿とも協力して両社の電気制御制御盤の協力メーカーになりました。
2010年3月:Sintek-SG Corp.はロックウェル・オートメーション(Rockwell Automation)社と契約を結びRcSI
                    のシステムインテグレーター事業に正式参入、IA自動化システム分野 (Industrial Automation)に展開
                    し、システムインテグレーションの業務を請け負うことができるようになりました。
 
2011年:AVEXは住友重機械工業株式会社殿の品質認証に合格し、制御盤とインバーター組立
              のサプライヤーになりました。
 
2012年:AVEXはアプライド・マテリアルズ殿(AMAT)のTA(技術監査)認証に合格し、品質
              システムが再び確信されました。
 
2013年:AVEXは株式会社荏原製作所殿の品質認証に合格し、半導体設備向けの制御盤の合格サプライヤーになりました。
 
2014年:AVEXはHermes Microvision Inc.(HMI)殿の監査にパスして合格サプライヤーになりました。
 
2015年:
‧AVEXはHermes Epitek Corp.殿の合格サプライヤーになりました。
‧AVEXはM-TEAM工作機械産業聯盟の優良企業表彰を受賞しました。
‧1月にSintek-SG Corp.は日本パトライトの中区代理店になりました。
‧10月にSintek-SG Corp.は日本オムロンの特約代理店になりました。
‧10月にSintek-SG Corp.はスイスSchaffnerの中区代理店になりました。
 
2016年:
‧3月にAVEXはISO13485-2003医療器材品質管理システムの認証を取得しま
  した。
7月にSintek-SG Corp.はシュナイダーエレクトリックProfaceの中区代理店になりました。
9月に医療器材優良製造規範検査GMP認証を取得した。
 
2017年:AVEXはテユフズード(TUV SUD)のご指導によりUL508A Panel Shop
工場認証に合格し、アメリカUL規格の制御盤を生産できるようになりまた。
精密機械科技園区第二期地区に弊グループ第二工場が完成、5月にBescool
Mechatronics Inc.、Nissyo Technology Inc.、AVEX のCNC制御部が移動運
営を始めました。